ニンギョーはどんな未熟な技術で作ってもいいんだ

と、思いたい。

SDガンダムのプラモデルを衝動買いしたが、こういう「きっちり塗らなければいけないもの」って苦手。

きょうび小学生でももっと上手く仕上げますよね…なんか考えます。

こないだ写真晒したREVDollですが、アイパーツの塗りが雑だったのが気になったので、デジタル作画で作り直しました。やっぱ不器用人間は機械に頼らないとね。

レジンアイの作り方は検索すればすぐわかるので割愛。UVライトは甘じょんで中国製のを買えば充分です(対応するUVレジンの種類に注意)。

夜中のノリでポチてしまった「デコトラのプラモデル」、届いたらむやみとでかかったので爆笑。

デカールを自作して痛車にします。

眼力

人形の目を描いてあそぶときは、市販フィギュアとかアニメグッズとかを参考にすることが多いのですが、かなり特徴的なやつを見ながら描いてしまったのでただのぱくりになってしまってドキドキしています。

元ネタ分かった人、自分で遊ぶだけなので訴えないでね。

アニメ調のドールアイを自作するときはレジンを丸い型に流し込んでカラープリントした紙を乗せるのが一般的(一般的)みたいですが、プリンター持ってないしコンビニプリントもめんどくさいし全般的にめんどくさいので、もともと付いていたアイパーツのレンズ部分を丁寧に剥がして、白目部分に模様を描いてからレンズを(透明レジンを糊にして)貼り直しました。向かって左の目を失敗してしまったけど、なかなか良い感じ。

ちなみに元ドールはリボルブというメーカーのREVDollです。死蔵していたのですが、改造してしまいました。

ブラウニーとザッハトルテとチョコレートケーキの違いがいまだによくわからないしザッハトルテに至っては食べたことがない

塩飴は「あまじょっぱいスイーツ」の究極の形だと思うしんぞですこんばんわ。水を大量に飲んでも胸焼けしないように買っただけなのに、妙にはまってレロレロ食べまくっています。

リアル造形のドールヘッドを「アニメ塗り」するのが好きで、ブラウニーであそんでみました。いわゆるキャストドールは扱いが難しくて苦手なんだけど、これはお手入れとか意識せずに楽しめます。小さいお人形さんの選択肢がまだまだ少なくて困ってる人、これダークホースですよ。在庫僅少だけど、限定品ではないので再生産もあると思います。

膝や手のひらに田宮のフィギュア用パウダー(ウェザリングマスターのG)をはたいて薄紅に着色すると自然に仕上がります。ただ、最初からついていたドールアイのせいか、目がリトルグレイみたいに見えてしまうので、次にお小遣いが溜まったらドイツからカニスアイを取り寄せることを検討中です。

せーかいじゅうを ぼーくらの なみーだでうめつーくーして

ホンダのカブはアジアの人気者。ミラーが取れても塗装が剥げても、たくましく塗り直され、ほこりまみれになって働いています。

…塗装に失敗したプラモを汚し入れてこう言い張ることにしました。カーブミラーは折れました。

あとなぜか「バイクのプラモデル」カテゴリに入って売っていた「ハングオン筐体」プラモも組みました。やっぱり塗装は失敗気味です。

セガ筐体とあればこの男に乗ってもらわねばなるまい。

姫きたる

前書いた2体目のスマートドール届きました。

ルビーちゃんという名前ですが、個人的にはルビー姫と呼んでいます。なんか、褒め言葉として貫禄がある表情をしているので。

うちのカメラは露出がアンダー気味で、どう調整しても暗く写ってしまうので、姫のスキンカラーの場合補正が欠かせないのですが(Tシャツの文字が白飛びしているあたりでお察しください)、そんなことは差し置いて美人です。
待った甲斐があったわー。

タイトルの元ネタがわからない世代も増えましたね

「倫子の冒険」もそうですが、これも。

ご長寿RPG「爺メン75歳」
「長寿RPG」ではないです。80年代からシリーズが続いている大作とかではなく。「ご長寿」です。主人公がじじいで仲間もじじいでヒロインもばばあです。

ゲームは映画以上の総合芸術になりうる、が持論の俺先生、臆面もなく自作RPGを作ってしまいました。制作所要日数、約2年半。
そんなつもりはなかったのですが、割と皮肉で意地悪な作風になってしまっています。自称ネタゲーなんですが。
ブラウザゲーです。スマホむけに縦長の画面で作っていますが、PCでも遊べます。欲張りすぎてちょっと重いかも。1時間くらいで終わるのでよろしければ。

全・員・参・戦

歴代リンクさんのうちには、過去に3度ほど ねんどろいど化されたラッキーガイがいるのですが、その3人の共通点は…

スマブラに出ることです。

え〜、新しいスマブラのおしらせが発表されるにあたって、どのキャラが出るかボツになるか不安になった諸兄もいるかと思いますが、きょう「過去作品に出たことのあるキャラは全部収録します、全66キャラです」というえらいことになっている発表がでて界隈が騒然としております。スタッフ大丈夫ですか? 過労でダメージ200%くらいいくんじゃいないっすか…? あとになって一部キャラは後日有料配信、とか言ったらリアル大乱闘が勃発すると思いますけど…

かくいう私はアクションが下手で格闘ゲームはもっと下手なのですが、イカと違って一人で負ければいいわけで、チームメイトに迷惑をかけるとかしょんぼりしなくていいし、多分買うと思います。12月7日だってさ。

悩ましい体

極秘ルートから導入したオビツ22ボディ、ブライスに装着!


これ、なんとかするには背骨の関節を全部潰さなきゃならなくて、もったいないなぁ…

寝かせて撮る分には非常にイメージ通りで、できれば使ってやりたいんだが… 悩ましいなぁ。

あと3Dプリンターでこんなヘッド作りました。角付きユニコーン。骨付きカルビみたいな言い方をするんじゃあない。

瞳の部分を凹ませるという、石像や銅像のような作り方をしておいて、塗装後に透明レジンを盛り付けるという手の込んだことをしましたが、だからと言って立体感が出るわけではなく。それどころか気泡がものっそい入り込んで、思ったほどではありませんでした。
でもこの感じは気に入っています。

何を今さら

スーパードルフィーってよくできてるのね。思わず真似してしまったよ。
パラボックスのソフビヘッドをパステル塗装。

ドールアイをまだ買っていないので、購入検討中のアイの写真を合成しています。
参考にしたオニンギョーが5年近く前のモデルだったので(SDMベーシックモデルの写真を見ながら描いた)、ちょっと化粧が古いんだけど、割と気に入りました。ボディはパラボ40cm男の子を狙っているのだけど、あの「セル」みたいな膝

だけはなんとかならないかなぁ…

え、SDを褒めておいて買わないのかって? 無理無理無理、高いし重いし黄ばむし扱いが難しいし… キャストドール全般、そういう意味で苦手なのよね。

テスト投稿(10年目にして)

てすてす

マルチポストっぽくてよくないという先入観があって「ブログを更新した、とだけtwitterに書く」ことはしていなかったのですが、RSSリーダー(更新チェックに使う道具)使っている人もあんまりいなさそうだし、便利は便利なので自動的に告知ツイートするようにしてみました。これはテストだよ。