たのしいこうさく

さて
リンコさんはほぼ完成したのですが、ベルトやショルダーストラップ等の革小物がまだです
革テープ買って貼りつなげばいいだけなのですが、サイズや色や厚みや、納得いくものがなかなかなく、
かえってめんどくさくなって
ごっそり
本革ハギレ1400円を買ってしまいました。パンの耳ではない。

円形カッター(これ便利! おまいも買え!)で直線に切って専用染料で塗装。…なに、「乾燥後レザーコートを塗ってください」!? そんなもん買ってないぞ! ああもう、めんどくさい、うちにあったコバコート(端処理材。ピケみたいなもん)を裏表塗ったくってやれ! 原材料は似たようなもんだろ?
かわひも
裂きするめではない。
小学生の図画工作レベルでなんとかここまで進みました。うちは紙の新聞をとっていないので、何かの拍子にとっておいた古新聞を使ったら、リオオリンピック開催前で株式面では「特設注意市場銘柄」に東芝が入っていたりそんな時期のでした。

二つ名があるとしたら「回生の勇者」ですかね

寝坊すんのやだから9時半に寝たら3時半に起きてしまった でたらめしんぞですおはようございます。前記事で「目を覚まして…」と書いたが俺のことじゃないってば。

だいたいできました。
背景が雑
(背景を片付ける気は最初からないらしい)
髪はあまりいじらないつもり。コスプレっぽく髪を固めるより、「現実にいたらこんな感じだろうなあ」という雰囲気でいったほうが面白い気がするし。
うしろちょんまげ
カツラは5年前、スカイウォードソードねたで使おうと思って死蔵していたまんだらけの「ひめかずら」です。「姫かずら」って表記すると作中に出てきそうな花の名前になりますね。この色、今ではどのメーカーでも見かけないので持っててよかった。

後日耳飾りもつけます。人用のピアスをターコイズに塗ろうと思うんだけど、エアブラシ出すのがめんどい…
このアングルいいかも
ほおに照れ線////が描き込んであるのはわざとです。実際、リンクくんもよーく見ると照れ線のテクスチャが入ってるみたいなんだよね。

…まして…目を覚まして…

リンコ

ぎょろり

でも、何かが違う

さいきんアニメっぽい表現のドールに興味があるので
例)
P子
あと作中のテクスチャ表現を参考にしたら、こうなってしまいました。顔描くの10分くらいで終わったけど削りにかなり時間かけてます。というか昔涙目で試行錯誤したやつが手元に残ってたのでそれを使っています。

お一人、さいきんのゼルダの脇役キャラクターデザイン担当の中に、ドールっぽい顔が作風の方がいるよね確実に。村のこどもとか研究所長とか、トワイライトプリンセスだとマロとか。

青い服の剣士(テリーではない方)

ハイラルでテリーといえばアフロの商人なんですねー、鳥山明デザインの男前を連想した方残念。
青服
シリコン製ドールボディの保護用に買ったベビーパウダーを風呂上がりのKOKANに使ってその効果に和んでいるしんぞですこんばんわ。ゼルダおもろいすね。何書いてもネタバレになりそうで怖くて何も言えないし、一回トゥイッターで勘違いを書いたら120名くらいに見られてしまって(消した)まだハラハラしているので、二文字くらいしか言えなくて二文字で言うと「名作」「買い」「凄い」とかになってしまいます。Switch自体がどこにも売ってないせいで布教もやりづらいのですが…

結局、ブレスオブザワイルドール、以下緑の倫子との区別をつけるためにリンコと書きますが、リンコさんの服は白いドール衣装を染めました。

ファイセンのボディは洋物のアクションフィギュア基準なので相当でかくて、着られる服が相当限られているのですが、インテグリティトイズのNU FACEライン(バービーくらいかな?)用の背中にダーツを入れて縫い縮めてある白シャツが手元にあったので、ダーツをほどいたら、ギリギリ入りました。おぱいぱい出っぱなしの大胆ファッションになったのはボタンが締まらなかったからですが、実は密かに狙っていたりします。

一応、服の紋様も布マーカーで書いてみたのだけど、これは失敗。マーカーが太すぎて、やらない方がましという結果に。
お前のガーデニングは最悪
やらない方がましだ
やらない方がましだ(くりかえし)

腕に巻きつけてある布は、手芸屋のリボンに布マーカーで紋様を走り書きして、フェルト・布用ボンドの高い方(パリパリにならない。その代わり600円くらいした)を水で溶いたやつに浸して巻きつけてあります。

一度きっちり巻いたら
ぎちぎち
違う、そうじゃない
でも、何かが違う
おかしな感じになったので、ごまかすためにあえて乱雑に巻いてみました。
なんとか
「指なし手袋をした手」パーツをつけるだけで、けっこう見た目が引き締まるものですね。ヤフオクで即決した他のフィギュアのルーズパーツ。肌色が全然違うのは「旅を続けているうちに手が荒れた」ことにしてください。

ほんじつのせんりひん

残念釣りです! ドールショウには行っていません!
ブレスオブザワイルドールの材料を買う予算とスイッチ貯金でもう首ギッチギチです。他のニンギョーには構っておられんですごめんなはい。
 ザ・布
服作りの資料と材料を買ってきました。布素材を久しぶりに触っていたら、昔バイトしていたダイソーで「ザ・布」という雑なネーミングの売場担当に回されたのを唐突に思い出しました。100円靴下と100円タオルの補充が間に合わなくて毎週怒られてたっけな。
設定通りの鮮やかなターコイズの生地が見つかって興奮しています。30cmクラスの素体向けとしては薄めで、テロンと着せると似合いそう。
型紙が見当たらないサイズなので、しぶしぶ型紙作りから挑戦することに。「あたし作図できないから、おにんぎょーに紙当ててかたどって型紙っぽいもの作ってるんだ、洋裁詳しい人に叱られちゃったよw」っていう声を5年くらい前に聞いた覚えがあるのですが、なんとそのやり方も正解みたいです。立体裁断っていうんだって。

回生のカスタムブライス

どーも首から上のイメージがわかなくて 手が止まっていた「ブレスオブザワイルド版りんこちゃん人形」ですが、やっぱり今度もブライスの頭でいくことにしました。
ららら
いままで凝ったことにチャレンジしようとしては挫折しての繰り返しで、材料だけはたまっていて、手元のブライスパーツを組み合わせたらすでにそれっぽい感じ。iXTEEのブライスアイチップなんて貴重品、10こくらいストックがあったぞ! 昔の俺、ありがとう! だけどむだづかいすんじゃねえ!

ボディは前から使ってみたかったファイセンのスーパームーバブルなので、かなりのっぽになります。
ゲームスタート時は半裸なんだよ。

…とか言ってるわけにもいかないので、上半身の服は作ります。ありものの服を青に染める(そう、今回は緑の服ではなくて青になったのです)予定でしたが、半年放置している間に見事になくしまして。おまけに「このサイズだとデザインがおっさん好みのお色気コスチュームしかない」「染めるとシリコンボディにこってり色移りすることが容易に想像できる」とかいろいろ要再考の点がありましてね。

魔改造少年ビューティー

ところでこの仮組みを見てくれ、こいつをどう思う?

夜中のテンションというのは怖い。このほうが、ふつうの1/6ドールより「つくりたく」なってしまうんだ。

…せっかくブライスが市民権を得て「変な人形」じゃなくなったのに何やってんだ俺!

シンデレラの力技

どうしよう、お靴が履けない…
みればわかる
→足を削りました。

アクションフィギュアの足は各社こだわって造形してあるせいか、他社のシューズが履けないなんてこともあるようです。皆さんはどうしてるのか知りませんが、今回は他の「ヒール足」靴に履き替えさせる予定がないので、干渉する部分を削り取ってしまいました。指の付け根と、かかとと、アキレス腱と、甲高になっている足の甲の上部分です。

ところで今回、手首から肘にかけて包帯状の布を巻く予定なのだけど(勇者ヨシヒコみたいな感じ)、どうするのが一番メンテナンスが楽に仕上がるのかな。ボンドに浸したリボンを巻きつけて乾かしてしまえばいいのかな?

もはや元ネタ行方不明

さて
「ブレスオブザワイルドール」ですが
どうしてもファイセンのなまめかしいボディが使いたくて 合うヘッドを模索した結果
現状こうです
てぶら
単に色っぽいお姉さんが作りたいという邪念のみで動いておりますがっはっは

7年くらい前に買った、気に入ってたけど褪色が激しくてお蔵入りになっていたミサキを軽くレタッチして使う予定です
もっずみさき
変色した髪を剃り落として 合うウィッグは現在入荷待ちなのでしばらくカツオくん状態
初期の濃ゆいメークのミサキもいいぞ

肌色という色はない

時節柄めんどくせえことを言い出す記事だな、と思った方、膝を楽にしてください。単にドールヘッドの話です。

見かけないメーカーの「Aideaz」というソフビヘッドを買ってみました。たまたまヤフオクに出していた人がいて、調べてみたらあまじょんジャパンで安価で手に入ったもので。
さ☆ら☆し☆く☆び
一般的な1/6ドールではなく女性アクションフィギュア(オクでは「クールガール」としてカテゴライズされているやつ)の尺に合わせているらしく、かなりでかいです。ソフビヘッドの中でも特に大きいパラボックスの「キャラちゃん」に負けないくらい。

「アイモールドつき」「アイモールドなし」の2種がありますが、色も造形も全然違いました。アイモールドつきはドール寄りの繊細な顔で、オビツホワイティとまあまあ同じ色。モールドなしは桃子さんとかバービーとかの路線に近いけど、ホワイティともノーマルとも微妙に違う色で、何に合うかというと…
ズレて見えるのは気のせいだぜ
これがまさかのファイセンスーパームーバブル。日焼け肌ではない方の色です。
この色まずないだろうからと染色も覚悟していたので、個人的には大助かり。ただ、瞳を描くのと、アイホールを削るのどっちも大変だろうなあ… ちなみに首は穴が開いているだけなので、ボールジョイントの受けを買ってきて固定する必要がありそうです。あと、後頭部の加工あとを無理やり閉じているせいか、笑っちゃうほど絶壁です。ウィッグをかぶせる際に「まんじゅう」が要るかも。