愛玩用陰の主人公

「陰の」はダブルミーニングです。

仕事中あまりにも暇でこっそり昔の記事を読み返していたら こいつのことを思い出した 
ぎょろり
YAVEEE! ほとんどできてるのに死蔵してた!

まだ塗装していないのに活眼を嵌めてしまったのには理由があって、エアブラシ塗装が苦手なので筆塗りにしてみようと思っているのです 飛沫が飛ばないから表面のよごれをあとで軽く拭けば先に組み立ててしまってもなんとかなるかなと そう思ってネジ穴や分割面もパテで埋めてしまいました

最近充実している「筆塗り専用塗料」に手を出してみようかと検討中です
絵の具(リキテックス)でもここまで↓できることはわかったし もう少し欲張ってみるかなと思いまして
シーカースレート(シーカーストーン)
模型用筆塗り塗料には「超評判がいいけど超高いやつ(シタデル)」と「そこそこ評判が良くてそこそこ安いやつ(ファレホ)」の2種類があって今でも迷っています 高い方は小瓶ひと瓶500えん ミドナの場合最低でも4色必要なのでそれだけで2000円ギャー!!

かしこさ26

「お前…バカだろ」
ぴんぼけ

「こういう時に 昨日買った集塵機を使うんじゃないか!」
こなこな

ワイヤレスマウスの電池が切れたので携帯から更新

NO断念!

「オマエ、いい度胸しているじゃないか。
 ワタシのことを2年も放置するなんて」
ワタシのことを覚えているか

「ふうん、スプレー用の排気クリーナーは買ったのか。
 塗装まで進める気だけは あるらしいな」
だいぶ安くなりました

「…オイ! どこに置いてるんだよ!
 片付けろよ、他の人形を! P子とやらがかわいそうじゃないか!
 だいいち、いくらミストが飛び散らないからって、パソコンデスクで作業するバカがどこにいる!」
これしか机がない

おれです
(ここに)
「ワタシは漫才をしに来たのではないぞ」

つーわけで、やっとやる気が回復したので、
プチブライスをミドナにする鬼改造、再開します

どこで断念していたかというと、ここ!
今確認したら「影の結晶石」でした
かぶってる仮面みたいなやつ(正式名称はプレイしたおれでも忘れたw)、表裏にびっしり彫り込みがしてあるデザインで、すごくめんどくさいの!
そのわりに資料が少ないし…
紙として手元にあるだけありがたい

そんなことより、出るらしいですね、「figmaリンク トワイライトプリンセスVer.」。
といっても今日はまだ「制作決定」という張り紙以上の情報は全くない状態で、実際の発売までにはここから平均2年ほどかかります。
覚悟はいいか? 俺はできてる。

税抜120円の伴侶

フィギュアづくりの入門書を買いました
140408.jpg
『How to build Garage kit vol01 フィギュアの教科書 原型入門編』模型の王国著 新紀元社 税抜1900円
エポキシパテというねんどみたいな素材オンリーでフィギュアをつくってしまうという、ありそうでなかった視点の本
ふだん自分が使っている材料なのでうれしくて買ってしまったら

“税抜120円の伴侶” の続きを読む

モチベーション

イヤになる寸前で次の作業に進みたいものです。
140314.jpg

サフェイサー(仕上げ材)をきらしていたのでキャスト用という違う素材向けのをとりあえず使ってしまったのだけど、あとで裏目に出ないか心配

人生無理なものは無理

さてこの人
140112.jpg
かぶっている仮面のよーなものには(陰りの鏡だっけ?)
140112_2.jpg
もうこれでもかと彫り込みが彫り込みが うようよにちにちと 何かのまじないのように、何かのまじないなんだろうけどさ

できるかーー!
140112_3.jpg
線太すぎるけどやり直したくない…
で デザイナーさんあんた鬼だ…

ドSツンデレ

この人 実はちょっとだけ進んでます
130823b.jpg

デザインの元がたぶん古代中国の仮面かなにかで すごい手の込んだつくりで 私ごときが手を出しちゃいけない禁断の領域な気がして挫折してましたが 再開しようかな
130823b_2.jpg