Over 30 do the 魂

タイトルの元ネタがわからない方は無理に検索しないほうがいいと思いますドシモネタです。

こんなタイトルでなんですが、「ゼルダの伝説」30周年おめでとーございます。
30th
30過ぎたら自然にやめると思ってんだろう?
30過ぎたらおのずと減ると思ってんだろう?
甘い 甘いぜ むしろ増える一方なんだぜ
さあ ディスクシステム世代 勇気を出してSAY

40過ぎてもシコるよなあ

ちゃんと金紙の超でかい紙(A0)を背景に置いて撮影した 1箇所破れちゃったので写真修正したけど

黒魔女さんがドール!!

マイナーな短編アニメの主人公をドール化してみた
誰?
アイパーツがイメージぴったりな かわりといってはなんだが、いまだにカツラを作るのに慣れなくてつむじが浮いている。

かしこさ26

「お前…バカだろ」
ぴんぼけ

「こういう時に 昨日買った集塵機を使うんじゃないか!」
こなこな

ワイヤレスマウスの電池が切れたので携帯から更新

ちびちびりん

「ちびりんこ」が、さらに ちっちゃくなりました。
「ちびちびぃ」
右は比較用のオビツ11です。

6年前(6年前!?)、ほぼ新造ヘッド+「フロイラインリボルテック」を1/3位に丈詰めしたもの、という無茶な組み合わせでドール化した りんこちゃんですが、6年の間に関節を動かしすぎて素材がヘタれすぎて
google検索「ミート君 バラバラ」
バラバラになりました。

なので、新しいボディを
google検索「肉体来たか」
探したらすぐ見つかりました。なんていい世の中なんだー! おまえら成熟したフィギュアとドールの業界に感謝しろよー!

新しい肉体(ボディ)はキューポッシュです。
ポーズが不自然とか言うな
市販可動素体の中では最小クラスだと思います。ちょうど、6年前に作った無垢のレジンが内側まで詰まったヘッドが縮んでいるので、ぴったりでした。縮みすぎて0.5インチ小さいウィッグを作り直したくらい。
難点は「無塗装ボディのみ」というのが販売されていないことと、関節が折れやすいこと。前者は、私は「スク水バージョン」を買ってしのぎましたが、さいわい今は布の服を着たオリジナルキャラというのが発売されたみたいで、そこからかっぱいでもいいかもしれません。関節はオビ球と互換性がありそうなのでそれで修理してあげましょう。

NO断念!

「オマエ、いい度胸しているじゃないか。
 ワタシのことを2年も放置するなんて」
ワタシのことを覚えているか

「ふうん、スプレー用の排気クリーナーは買ったのか。
 塗装まで進める気だけは あるらしいな」
だいぶ安くなりました

「…オイ! どこに置いてるんだよ!
 片付けろよ、他の人形を! P子とやらがかわいそうじゃないか!
 だいいち、いくらミストが飛び散らないからって、パソコンデスクで作業するバカがどこにいる!」
これしか机がない

おれです
(ここに)
「ワタシは漫才をしに来たのではないぞ」

つーわけで、やっとやる気が回復したので、
プチブライスをミドナにする鬼改造、再開します

どこで断念していたかというと、ここ!
今確認したら「影の結晶石」でした
かぶってる仮面みたいなやつ(正式名称はプレイしたおれでも忘れたw)、表裏にびっしり彫り込みがしてあるデザインで、すごくめんどくさいの!
そのわりに資料が少ないし…
紙として手元にあるだけありがたい

そんなことより、出るらしいですね、「figmaリンク トワイライトプリンセスVer.」。
といっても今日はまだ「制作決定」という張り紙以上の情報は全くない状態で、実際の発売までにはここから平均2年ほどかかります。
覚悟はいいか? 俺はできてる。

高雄良いとこ (落ちついたら)一度はおいで チャイナチャイナ

本日3回目の更新です。ほぼツイッター代わりに使っていてゴメーヌ。

自分が旅行して気に入ったところが災害に遭うと悲しくなるもんですね。
2年前、2014年2月の写真です。以下同じ)
台南驛2014年
“高雄良いとこ (落ちついたら)一度はおいで チャイナチャイナ”の続きを読む

WIP(つくり中)

本日2回目の更新なり。うっとおしいと思った方にはもれなく黒死呪文(ごめんなさい)。

「お前買い物しすぎじゃないのか」とわざわざ実家の親からメールが来てさすがにへこんだしんぞですこんばんわ。やりたいことが次から次へと思い浮かんで楽しすぎるのだから仕方がない。依存症とかではないよ。
また作りたいキャラを思いついてしまったので、家に死蔵していた材料を組み合わせてみた。こんかいは「プチ姫」ヘッドの目を削っています。
なんか偉そうに写っちゃったな
多分誰も知らないと思う、2年くらい前天才てれびくんでやってた児童向けアニメの主人公です。社会人なのになぜ天てれを見ているのかは内緒。
カツラはこれから。市販のものでは雰囲気が再現できなさそうなのだけど、毛束を縫い付けるところから作業するのめんどくさいんだよね。イカちゃん人形のときやって懲りました。
あとこのキャラ、「ファッションにまるで興味がないので毎日同じ服を着ている」という設定なのだけど、その服を作るのはもっとめんどくさい。そこまではやりませんよ。

1/12ボディの住み分け

アゾンの「ピコニーモ関節強化版」、これからの1/12ドールにもれなく採用されるわけではなさそうですね。

着せやすくて関節が抜けにくい「安定版」というか従来のピコニーモは 女の子向けピコえっくすきゅーと、
ピコダル
可動部分を限界まで盛り込んだ代わりに扱いにくい「関節強化版」は 男の子向けアサルトリリィ、
スタンドによっては圧がかかって腰がボキオレする
というところでしょうか。
(写真はおれの趣味で首から上を全然違うのに取り替えています。茶髪のカスタムリリィはちょっと前の商品なので、ほんらい旧ピコニーモボディです。探して買う時は気をつけてください)

こないだ紹介したSATSUKIの第2弾。口元の表情が、ほおの造形の肉の流れとまるで違うので無理があります。
おばちゃんみたいになった
第1弾の目はこれに取り替えました。ベッタベタでいいでしょ。

自分でも忘れてたけど、これ↑、目の周りをちょっと削ってますね。

決着ゥゥゥゥゥー!

国内外の通販サイトで同じ商品を注文して比較してしまった いじわる企画「国際ダウンタウン大運動会」、
こんかいの ゆうしょうチームは…
mudoll.netさんの勝利でした。おめでとうございましたー!

韓国から1週間で届きました。パーツ1個で、特に凝ったオーダーではなかったので、対応の良さは引き分けでーす。
まだ届いてない国内の通販サイトも、たんにおれが活用方法を間違えただけで、ほんらいは英語や日本語ではなかなか注文できないアジアの受注生産ドールを取り寄せてくれる超ありがたいお店なんだそうです。

で、そこまでして欲しかったのがこれで
目ジェド
使い道がこれ
コッ男
どうやら絶版状態の「コッコちゃん男の子マスクメイクヘッド」がどうにも良さそうだったので、禁断のまねっこカスタムというやつをしてしまいました。
顔の中の空洞が12mmオーバルアイにはギリギリの面積で、縦に入れないと入らなかったし、やっぱりこれもともとは10mm向けに製造されてるんじゃないかな。目袋は完全に削り取っています。

エホー

がー
「マスター、ファイの指している方角が南南東です。Ⓩ注目で恵方を向くことができます」

ちゃんと太巻きのミニチュアというのが10年近く前のリーメントであった。使ったの初めて。

雑記。
「カスタムリリィ」の新バージョンにさりげなく採用されている「ピコニーモS関節強化版」がゴリゴリ動くことに感動している。はじめからこうしてくれよ! 今まで何体も買っちゃった、手のひらがペンギンみたいな角度で固定されている謎ハンドパーツはなんだったんだよ!(最初に出ていたカスタムリリィは旧ボディです。髪の色が紺とか黒とかになったあたりで変わったようです)