PSD

Pちゃんが
Sukiすぎて
Doしようもない
SONY DSC
しばらく穿かせていたショーパンについていた金具から、サビみたいなのが思いっきり色移りしてシャツのシミになったので
「香川みやげの釜揚げうどん缶バッジ」で隠した
SONY DSC
大きめのニンギョーはヒト向けのグッズが流用できるのがよろしい

もうひとつの大きいニンギョー「ジルワンさん」にも、お給料が入ったのでかつらを注文しました 来週届きます

余談
NHKスタジオパークで「団地ともおグッズ」というニッチなものを売っていたので思わず買ってしまった
SONY DSC
NHKの本放送ではなくケーブルの再放送で見たのだけど、80年代の団地生活をネタにしつつノスタルジーに寄っかからない宙ぶらりんでコミカルな作風がお気に入り 主題歌の怒髪天がまた「明るすぎて泣ける」南米の音楽みたいなノリがあって良いんだなあ 怒髪天はこれと「アストロ球団応援歌絶叫バージョン」しか知らないけど両方気に入っている

ブラウニーが あらわれた!

1匹目の名前がブラウンで2匹目がボコボコ。

前に書いたかどうか忘れたけど(思い出した、2回書いた)、ブラウニーという小さい人形を買っていました。キャストドールとしては変態的に小さい(褒め言葉)けど、もともとレジンキャストといえば小さな自作フィギュアを複製する用途が主流だった感じもするし、もしかしたらこれはこれで自然な進化なのかもです。

ほとんど新規に買う人がいないので、今さら買っても合う服が、まぁないない。アゾンレーベルショップで「これブラウニーにも着せられました!」というPOPがついていた服を買ってみたのだが、
SONY DSC
「入る」と「似合う」は違うんでヤンスね。
SONY DSC
これはこれでグレてておもしろいけど。

もはや元ネタ行方不明

さて
「ブレスオブザワイルドール」ですが
どうしてもファイセンのなまめかしいボディが使いたくて 合うヘッドを模索した結果
現状こうです
てぶら
単に色っぽいお姉さんが作りたいという邪念のみで動いておりますがっはっは

7年くらい前に買った、気に入ってたけど褪色が激しくてお蔵入りになっていたミサキを軽くレタッチして使う予定です
もっずみさき
変色した髪を剃り落として 合うウィッグは現在入荷待ちなのでしばらくカツオくん状態
初期の濃ゆいメークのミサキもいいぞ

ダイナマイト

ダイナマイトしこくはシッコクおと゛りをおと゛った!
まつもとは わらいころけ゛た!
えんと゛うは わらいころけ゛た!
やまさきは わらいころけ゛た!
おしおきたいの こうけ゛き!
まつもとは ケツに 50の ダメーシ゛をうけた!
えんと゛うは ケツに 50の ダメーシ゛をうけた!
やまさきは ケツのわれめに 78の ダメーシ゛をうけた!

四国に行ってきた 気に入った 瀬戸内海のどか
“ダイナマイト”の続きを読む

顔が命の吉徳砂原

…まりん?(わかる人はサブカルおっさんおばはん)

人形の造形を愛でる時は顔80%、上着の雰囲気20%てかんじで眺めるので、靴は別になくても構わない派。オニンギョーの長い脚は視線からフレームアウトするのね。
なのに
撮りたい部分がぼやけちょる
本体買って超絶お金がない中、つい靴と「ハイヒールを履いて無理している足の甲パーツ」を買ってしまった。 あと数ヶ月我慢してもよかったかもなあ… いかんなあ…
ピンボケしたので一応紹介しておくとこれです。もとはモニークさんらしいけど、パラボさんで在庫を確保してくれてました。

ウィッグを買う四千円は当分工面できそうにないので、「リプリーさん」と名付けてスキンヘッドキャラにすることにしました。エイリアン3は未見なのですが。

とかいって一点ものの手描きヘッドは買ってしまうのよね。
バビロン界きらい
数年来のマフィンヘッドファンとして、なんか外せない気がしてしまって。

じじばばガジェット

血管年齢74歳と診断されまして、血圧も「ゴマ麦茶? なんのまじないだゴルァ! 食品で病気が治るかぁ! お前んところは碌な商売してねぇな*****!」(え、伏字の中身? いやだなあ、カカロットに決まってるじゃないですか。俺ベジータなんすよ、知らなかったっけ?)とちょっとしたことでプシューといくレベルなのでついに血圧計を買いました。
医者に帳面を渡されてこれに朝晩血圧を筆記せよ、と言われたのだが、われらハミコン育ちのデジタル野郎、そんなめんどくさいことは機械に任せろ!
みてくれもよろしい
探したらありました、クラウド連携の血圧計。初代デジタルキッズもいまやおっさんおばはん、こういうじじむさいデジタルガジェットが今後は増えるんじゃないかと思います。
本体の通信ボタンを押してから血圧を測定するとネットにデータが記録されて、お医者さんに見せに行く用にPDF化して即印刷、こーいうのです。まさに、こーいうの。
国産のシステムなんでiPhoneの「ヘルスケア」は非対応なのと、ねだんが限定もの1/6ドール1こ分くらいするのが難点です。

下手なカツラをつけるならハゲのままでいい。

↑80年代に実在した人間用ウィッグのキャッチコピーらしいです。

人形用のカツラに「ワンサイズ小さいのを買ってみる」のは勇気がいるけど面白いんじゃないかと思います。
もちろんかぶれなかったらそこでゲームオーバーなのですが、成功すると

マフィンヘッド(公称4.5インチ用)に4インチウィッグ
いがいとあり

ブラウニー(公称3.5インチ用)に3インチウィッグ
これはなしかも

オニンギョーにありがちな「は〜い、カツラかぶりました〜、まあるい髪の毛がビートルズみたいに乗ってま〜す」ヘアーから脱却できる可能性もないわけではないのです
ただし、無理していることに変わりはないので、ベルクロや場合によっては強力両面テープで固定する必要はあります。さらに後ろ姿が相当間抜けになります。