青い服の剣士(テリーではない方)

ハイラルでテリーといえばアフロの商人なんですねー、鳥山明デザインの男前を連想した方残念。
青服
シリコン製ドールボディの保護用に買ったベビーパウダーを風呂上がりのKOKANに使ってその効果に和んでいるしんぞですこんばんわ。ゼルダおもろいすね。何書いてもネタバレになりそうで怖くて何も言えないし、一回トゥイッターで勘違いを書いたら120名くらいに見られてしまって(消した)まだハラハラしているので、二文字くらいしか言えなくて二文字で言うと「名作」「買い」「凄い」とかになってしまいます。Switch自体がどこにも売ってないせいで布教もやりづらいのですが…

結局、ブレスオブザワイルドール、以下緑の倫子との区別をつけるためにリンコと書きますが、リンコさんの服は白いドール衣装を染めました。

ファイセンのボディは洋物のアクションフィギュア基準なので相当でかくて、着られる服が相当限られているのですが、インテグリティトイズのNU FACEライン(バービーくらいかな?)用の背中にダーツを入れて縫い縮めてある白シャツが手元にあったので、ダーツをほどいたら、ギリギリ入りました。おぱいぱい出っぱなしの大胆ファッションになったのはボタンが締まらなかったからですが、実は密かに狙っていたりします。

一応、服の紋様も布マーカーで書いてみたのだけど、これは失敗。マーカーが太すぎて、やらない方がましという結果に。
お前のガーデニングは最悪
やらない方がましだ
やらない方がましだ(くりかえし)

腕に巻きつけてある布は、手芸屋のリボンに布マーカーで紋様を走り書きして、フェルト・布用ボンドの高い方(パリパリにならない。その代わり600円くらいした)を水で溶いたやつに浸して巻きつけてあります。

一度きっちり巻いたら
ぎちぎち
違う、そうじゃない
でも、何かが違う
おかしな感じになったので、ごまかすためにあえて乱雑に巻いてみました。
なんとか
「指なし手袋をした手」パーツをつけるだけで、けっこう見た目が引き締まるものですね。ヤフオクで即決した他のフィギュアのルーズパーツ。肌色が全然違うのは「旅を続けているうちに手が荒れた」ことにしてください。

カートリッジは苦い 人生のように そこがうまい

誤飲防止のために世界一苦い物質を使用した、と話題のカートリッジですが、むしろ大人には苦くて美味しかったです。あかんやん。
かーとりっじ

ここに、1台のニンテンドースイッチがあるじゃろ?
アンボックシング
そしてここに、別で注文した単品のジョイコンがあるじゃろ?
3種で一番いい色
これをこうして こうじゃ

♪セサミソ〜ス!(なぜ「♪ごまだれ〜」を英訳したし)
青々
にんてんどの特注品でなくても、こうすれば「新しいリンク色の本体」になるわけじゃな。フォフォフォ。

追加で5000円出してジョイコンを買うことになるので、万人にはおすすめできませんが。余った赤ジョイコンは4人家族の親戚にあげます。1個足りなくて喧嘩になるじゃろうて、ケケケケ…

え、肝心のゲームはって?
とりあえずオープニングだけでもテレビ画面で楽しみたいので、現在充電中です。

よそではどうかは知らないけどね、お母さんの家では発売日は明日なんですよ

泣いたって、ないものは出ませんからね!

2末納品のごつい仕事が全部終わり、やったー帰ってスイッチだー、今日はぜってー残業しないし する必要もない、むしろハイラルへ出張届を出して早退しても、あ、その件なら俺わかりますよ、ちょっと調べてみます?
閉店

世迷言
…仕事を引き受けたのは「面白そうだったから」なので後悔はしていないしうまい手法がわかった時は頭の中で謎解き音がしたけど、1時間残業しただけで帰宅が9時半になる通勤環境だけはどうにかしてくれ。ま、来週からゼルダやって乗り過ごして2時間かけたりするんだろうけど

黒檀計劃 – Project ebony

タイトルは適当(元ネタなし)。

黒檀色の1/6ドールを作ってみようと試行錯誤しています。
ホワイトバランス泣かせ
まあまあお見せできるものができたところで、わかったこと。

  • 染めすぎた。夜見ると怖い。いや、これも好きなんだけどね、表情が見えないからね。
  • ソフビの場合、脳内イメージより1段淡い色の染料を選ぶと良さそう。結構染まり方がきつい。
  • RitよりDylonの方がムラなく染まる。
  • ちなみに、写真左はDylonの色名「コーヒー」、右はそれに「ディープブルー」を少量足しています。もう少し明るい「ハバナブラウン」のが良かったかも。おこづかいたまったら試してみます。(素体から買い直さないといけないので(つД`))
  • 短い時間浸せば淡く染まるというものでもないらしい。何度やっても、全く染まっていない状態から一気に真っ黒になる。
  • 外せる関節は外してから染める。曲げた時に地の色が見えなくなるように。ただし1/12は小さすぎて戻すのが大変だから膝を軽く曲げておく程度でいい。
  • 染料の取説にも書いてあるけど、お湯に溶かしたら一回コーヒーフィルターかなんかで濾すこと。溶け残りの粉がこびりついたら、かなりみすぼらしい。
  • 100円ショップの料理用品コーナーで、取っ手付きのアミ(灰汁をすくったり天かす取ったりするアレ)を買っておくと、液の中から細かいパーツを拾うのに便利。あと染色専用に300円商品のアルミ鍋を用意すると気兼ねなくよごせる。

あとこんなのも描きましたよ。
「ほよー」「ちゅどーん」
昭和っ子。作業が大変楽しいが、カツラがそれなりに高いので量産はしない。

コP

まだ途中ですが。
パラボックスのPちゃんヘッドが大好きで、でも最近はやりの「入れ目」に比べると目周りの深みがなくなっちゃうな、と気になっていたので…
並べた
Pちゃんの入れ目バージョン「Aiちゃん」でまねっこP子を作っています。題して「コP(コピー)」。
生来のめんどくさがりで、リキテックスをちょうどいい濃さに調整するという基本的なことすら全くやってないので、刷毛目がひどいことになっています。最後に直すつもり。

オビツの本気

オビツボディ2、先行販売のやつ買えました。注文した直後に商品ページ見たら品切れ表示だったので、たぶんラスイチ。
なにこのポーズ
ポージングが不自然なのは俺のせい。
頭が変に大きくて合うボディがなかった「プチ姫」にぴったりです。マフィンには大きすぎ。
あ、それと、プチ姫って合うおしゃれウィッグがツチノコ級に希少で、(公式に出しているのは品質がいまいち)これもラスイチでした。「小さなドールウィッグのお店」さん、3インチから9インチまで手広くやりすぎて入荷が数ヶ月に1回とかなってて超大変そうで同情するしかない。

え?黒檀色に染める計画はどうなったって?
えぼにー
一応うまく染まったんだけど、服を着せると途端に「アマゾンで買い物すると広告がついてくる、募金を必要としているカワイソウな地域のカワイソウな少女」になってしまうんだよね…リアルクローズがちゃんと似合うスマートドール、すごいなあ。

小さき者へ

さいきん、ちっちゃいけどファッションドールのプロポーション、というピコニーモSとMの株が自分の中で上がっている。
さんにんぐみ
スタンド3こも持ってないので寝かせ撮り。
以前「関節強化版」を絶賛した覚えがあるけど、小さいボディで無理しすぎていて手足がすぐ取れるので一長一短なことが判明。どっちもよいものです。

ピコニーモといえばイカ子ですが、きのうバンダイの食玩でちょうどいいサイズのブキ(武器)が発売されたようです。持つべきものは「歩いて行ける範囲にある食玩の品揃えがやたらいいコンビニ」。中身は選べませんがその代わり300円でした。助かったー!
だいぶ髪がボロボロになってきた
ゴルゴ級の狙撃力と判断力がないと使いこなせない「通好み」の武器が当たってしまいました。でも全8種唯一、インクの設定色がイカ子の髪と同じターコイズなのでよしよしです。

ところで、スマートドールという超でかくて6万円するオニンギョーの影響で、「いわゆるAAドールとよばれる黒檀色の肌色で、モデル体型で、可動で、でも萌え顔」というのをやってみたくなった。6万円出す気はないのでピコニーモを布用染料で染めてみようと思っています。オビツボディは関節に別素材を使っていてきれいに染まらなさそうなのでアゾン、幼児体型は今回の狙いではないのでピコニーモ。

うちの母はスイッチのことを「スイッチョン」と呼んでいた

あとリモコンは「ピポパ」。そして必ずそのあとに井上陽水のPi Po Paという曲を歌う。

やー、買えました!あとは通称・松田家の女。
ヨドバシの新宿や京都などの大型店舗では「今日並んでくれた人は全員予約受け付けます。上限はなし!」という夢のような措置があるそうで、プレステVRのときみたいな阿鼻叫喚にはならなかったみたいですね。
おれは家から3分くらいのところに小さなコジマがあるので行ってみたら、開店15分前まで俺とあと一人しか並んでませんでした。(そのかわり店員さんが行列さばきに慣れていないようで、誘導ミスで行列シャッフル状態になったり意外と大変だった)

さて…貯金するか。預金切り崩しちゃったし。

【同日夕方追記】
なんか…すいません。たまたま自分は楽できたけど、ヨドバシ実店舗の行列はえぐいみたいだし、通販は結局サーバが死にっぱなしだし、そもそも通販以外に選択肢のない地方の方もたくさんいらっしゃるし、言うほど楽観的じゃないみたいですね。月曜日の任天堂直販も心配。ちなみにあまぞんは知らんうちに発売開始して5分後には完売していたのであてにしない方がいいすよ。

【20分後追記】
「ゲームも置いてる実店舗」すなわちゲオかツタヤあたりが穴場。Webサーバーにアクセスを集中させるよりよほど安定しているかもしれぬ。トゥイッター上で地方の漫画家さんが「結局ゲオですんなり予約できました」って今書いててあっそうかと思った。おれも地元の人しか行かないコジマだったし

ほんじつのせんりひん

残念釣りです! ドールショウには行っていません!
ブレスオブザワイルドールの材料を買う予算とスイッチ貯金でもう首ギッチギチです。他のニンギョーには構っておられんですごめんなはい。
 ザ・布
服作りの資料と材料を買ってきました。布素材を久しぶりに触っていたら、昔バイトしていたダイソーで「ザ・布」という雑なネーミングの売場担当に回されたのを唐突に思い出しました。100円靴下と100円タオルの補充が間に合わなくて毎週怒られてたっけな。
設定通りの鮮やかなターコイズの生地が見つかって興奮しています。30cmクラスの素体向けとしては薄めで、テロンと着せると似合いそう。
型紙が見当たらないサイズなので、しぶしぶ型紙作りから挑戦することに。「あたし作図できないから、おにんぎょーに紙当ててかたどって型紙っぽいもの作ってるんだ、洋裁詳しい人に叱られちゃったよw」っていう声を5年くらい前に聞いた覚えがあるのですが、なんとそのやり方も正解みたいです。立体裁断っていうんだって。

回生のカスタムブライス

どーも首から上のイメージがわかなくて 手が止まっていた「ブレスオブザワイルド版りんこちゃん人形」ですが、やっぱり今度もブライスの頭でいくことにしました。
ららら
いままで凝ったことにチャレンジしようとしては挫折しての繰り返しで、材料だけはたまっていて、手元のブライスパーツを組み合わせたらすでにそれっぽい感じ。iXTEEのブライスアイチップなんて貴重品、10こくらいストックがあったぞ! 昔の俺、ありがとう! だけどむだづかいすんじゃねえ!

ボディは前から使ってみたかったファイセンのスーパームーバブルなので、かなりのっぽになります。
ゲームスタート時は半裸なんだよ。

…とか言ってるわけにもいかないので、上半身の服は作ります。ありものの服を青に染める(そう、今回は緑の服ではなくて青になったのです)予定でしたが、半年放置している間に見事になくしまして。おまけに「このサイズだとデザインがおっさん好みのお色気コスチュームしかない」「染めるとシリコンボディにこってり色移りすることが容易に想像できる」とかいろいろ要再考の点がありましてね。