作ったばかりのGoogle Map API利用サイトなのに「このサイトは地図の 1 日の使用量を超えました。」と言われたら

Basic認証を外すか、APIキーの「この HTTP リファラー(ウェブサイト)からのリクエストを受け入れる」設定を外してみよう!

テスト作業中に認証をかけたディレクトリにファイルを置くのはよくあることですが、Google Maps APIの規約として「一般公開されているサイトに置く以外は有料だよコラ」というのがあるので、ブロックされてしまうようです。

現状(2016年8月)では、APIのリファラ制限をはずすとテストが可能な様なので、本番アップするまではこの項目を空にしておきましょう。よく見ると該当の項目に薄く「このキーを本稼働環境で使用する前に、必ずリファラーを指定してください。」と書いてあるので、本稼動前は空欄でいいよ、ということなのかもしれません。

小ネタ:レスポンシブのページで改行位置を調整しよう!

ちょっと長めの見出しをレスポンシブサイトで表示すると、
PCでは

こんな感じで一行にすっきり表示されている見出し


スマホなどの幅の狭いデバイスになると

こんな感じで一行にすっきり表
示されている見出し


変なところで強制的に折り返されてしまうことがあります

今までは、対策として<br>タグを書いて幅の広いデバイスではdisplay:noneで隠していたのですが、もっとスマートな方法を思いつきました

<span class=”nobraking”>こんな感じで一行に</span><span class=”nobraking”>すっきり表示されている見出し</span>

と、「ここからここまでは途中改行されるとおかしい」と思う文節をspanでくくっておいて、それぞれにスタイルシートでdisplay:inline-blockを指定しておくのです

こんな感じで一行に
すっきり表示されている見出し

てな感じで回り込んでくれるはずです